8か月検診と手作りパン。

暮らし

今日は息子の8か月検診に行ってきました。

会場の市役所に行くと、息子と同じ月齢の赤ちゃんがいっぱい。

ああ~赤ちゃん可愛い(*´Д`)と思いつつ、待合室で順番が来るまで待っていると

数分おきに聞こえる赤ちゃんの泣き声。

待っている時は「また泣いてる赤ちゃんがいるな。泣き声も個人差があって可愛いな。」とあまり気にせず待っているうちに息子の番がやってきました。

息子はどうだったかというと、もうギャン泣き。笑

オムツ一丁にされて体重を量るまでは大丈夫だったんですが、身長を測るのに台に横にされて頭を軽く固定からはもうギャンギャン。笑

「ああ、みんなこのタイミングで泣いてたんだなあ」と気づきました。

息子は長い待ち時間のあいだに眠くなってしまったみたいで、その後も検診が一通り終わるまでずっと大泣き。笑

帰るころには泣き疲れて寝ていて、私ももうへとへと。

「つ、疲れた~!」

と言いながら帰宅しました。

でも気づいたらお腹もペコペコで。

疲れたなら簡単にお茶漬けやカップ麺で済ませてしまおうかと思ったんですが、

「体力だけじゃなく精神的にも疲れたな…」

「精神的に疲れている時にカップ麺じゃちょっと味気ないな」

「なんかちょっと充実感がほしい…」

「ていうかコーヒー飲みたい……今日まだ飲めてない…」

「そうだ、冷蔵庫にパン生地あるしパン焼こ!それでコーヒーと一緒に食べよ!」

となぜか疲れているのに手作りパンを焼くことに。←

ウィンナーが3本あまっていたのでウィンナーロールを作ることにしました。

もうすでにパン生地があるし、ウィンナーに巻くだけですが簡単な作業でしたが作ってみると、

ああやっぱり私は何かを作るのが好きなんだ。

ちょっとめんどくさいことでもそれがリフレッシュになる人間なんだ。

今日みたいな日は、楽して身体を休めるんじゃなくて、何かを作りあげて充実感を得る。

リラックスも大事だけれど、リフレッシュの方が合っていたんだな。

そう自分のことを再認識した日でした。

(ちなみにカップ麺はカップ麵で大好きです)

(それとパンのクオリティーはまだまだです←)

(自分好みのパンが焼けるようになりたい。)

できない時の方が多い毎日ですが、こうやって少しずつ手を動かしていきながら自分の理想の暮らしができるようにしていきたい。

そう感じた日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました