ズボラ女、味噌作りをする。

暮らし

ズボラな私ですが、丁寧な暮らしに憧れがあります。

そんな私がやってみたいことの一つが味噌作り。

今年は思い切って挑戦してみることにしました。

ということで今回の内容は『ズボラ女、味噌作りをする。』

来年また作る時に思い出せるように、楽しい気持ちとアホみたいな失敗談を備忘録として残していきたいとます。

ズボラ女、味噌作りをする。

材料を注文する。

私は全くの味噌作り初心者なので、味噌作りキットを注文することにしました。

私が注文したのはこちら。


口コミも良さげなのでこちらをポチっと。

「容器はあるから樽はいらないや」とこちらの樽なしの味噌キットを頼みました。

しかし、これが後々アホみたいな失敗につながります

キットが届いた!

数日後、味噌作りキットがクール便で届きました。

\じゃーん!/

開けてすぐに米麹と種味噌は冷凍庫に入れました。

翌日に作るので、準備に大豆を一晩水に浸けておきます。

10時間くらい浸水させるみたいです。長いな…。

袋に入ってるとコンパクトに見える大豆。(ラベルがなんか可愛い。)

大豆は2倍くらいに膨れるのでボールにはゆとりを持って入れていきます。

翌朝。

写真だとあまり伝わらないかもですが、かなり膨らんでる!

次は浸水させた大豆を柔らかくなるまで煮ていきます。

圧力鍋で煮ていく。

普通に大鍋で煮ていくと4時間ほどかかるそうです。

長ぇ…。

しかも我が家には大鍋がありません。

代わりにこれを使います。

圧力鍋!

この圧力鍋では豆を煮るときは鍋の半分までしかいれられないので、数回に分けて煮ていきます。

煮えた( ´▽`)

指で潰せるほど柔らかく煮るのに、圧がかかってから弱火で15分。

1キロの大豆を煮るのにこれを5回繰り返します。

やってみると1回約30分かかりました。(時間の内訳。鍋に圧がかかるまで数分、ピンが上がってから弱火で15分、火を消してからピンが下がるまで約10分。)

やってみて思ったんですけど、4時間かかっても大鍋でコトコト煮込んでたほうが全然楽ですね。笑

圧力鍋だと1回やるごとに、

圧かかかったかチェックして弱火にして15分時間をはかり、

時間になったら火を止めにいき、

ピンが下がったら蓋開けて煮えてるからチェック。

煮えた大豆を別の容器に移し、次の大豆の用意。

めちゃめちゃ手間かかる!笑

しかも3回目4回目で圧力鍋で蓋の締め方が悪かったのか、いつまでたってもピンが上がらないという不具合が発生/(^o^)\

結果時間をロスしてしまって結局全部煮えるまでかなり時間かかりました。泣

来年また作る時は大鍋を用意しよう…。

そう強く思いました。

大豆を踏み潰していく。

我が家にはすり鉢やフードプロセッサーがありません。

じゃあどうやって大豆を潰すのか。

代わりに大きいビニール袋を使うことにしました。

袋に入れ〜。

グニっと踏み潰す。

粒がなくなるまでグニグニ踏んでいきます。

袋で混ぜていく

混ぜる作業はテーブルや床にビニールなどを広げて、そこで混ぜていくと説明書には書かれています。

しかしスペースの確保と後片付けがめんどくさいなと思い、ビニール袋で混ぜることにしました!

丁寧な暮らしとは??とちょっと思いましたが、進めていきます。

別の袋に塩と冷凍庫から出しておいた米麹をIN!

シャカシャカ降って混ぜぇ。

冷凍庫から出した種味噌と、踏み潰した大豆を入れる。

袋を使ってざっくり混ぜたら

最後に素手で混ぜ合わせる。

キットの説明書によると米麹のつぶつぶが全体に行き渡っていることが大事なんだそう。

煮汁の入れ忘れに気づく

つぶつぶが全体にいってるし、ちゃんと混ざっていると判断。

一旦手を止めて晩御飯を食べてました。

しかし晩御飯の片付けをしている時に気付きました。

煮汁を混ぜるのを忘れてる…

(取っておいた煮汁をみて思い出した。)

やべっ!と慌てて混ぜ込みました。

容器に詰め替え…のはずが

煮汁も混ぜたし、あとは容器に詰めておしまい。

の予定だったんですが、なんと容器に入りきらないというアクシデントが発生/(^o^)\

私が使おうと思っていた容器は野田琺瑯の糠漬け美人。

ぬか漬けを作らなくなったので、代わりにこれで味噌を仕込もうと思っていました。

入れようとすると容器からこんもり溢れてしまうんですね。

(こんもりした写真撮るの忘れちゃいました)

しまったー!容器付きの買っておけばよかったかも!と思ったりもしましたが、

せっかくだしお気に入りの容器を買って、熟成するまでの期間をより楽しめるようにしたいな…。

と思うようになってきました。

待つのが楽しくなる”お気に入りの入れ物”

せっかくだから好きな入れ物に入れよう!

そう思ってこちらをポチりました。


大好きな野田琺瑯!

後日届いて味噌を詰めてみたのがこちらです。

琺瑯の容器かわいいな〜!

4キロの味噌にぴったりサイズ!

蓋を閉めたらこんな感じ!かわいい!

ちなみに重石の代わりに1キロのお米をのせることにしました。蓋がちょっと浮いちゃうけどそこまで気にならないので、このまま様子を見ることにします。

やっぱり琺瑯好きだな〜。とウフフな気持ちで眺めていて思ったんですが

琺瑯で直火で使えるからこれを鍋にして大豆を煮れば良かったのでは…?

……

………うん!来年はそうしよう!

来年またブログでかけたらいいな笑

結局使わずに終わったぬか漬け美人は、米びつとして使うことにしました。

やってみた感想&反省点

反省点はこんな感じ。

  1. 大豆1キロくらいなら圧力鍋は使わずに大鍋の方が楽だと思う。
  2. すり鉢やフードプロセッサーがなくてもなんとかなる。
  3. 煮汁入れ忘れ注意。
  4. 野田琺瑯のぬか漬け美人で味噌を作る時は出来上がり量は2キロくらいが良さそう。

実際、初めて味噌を作ったらものすごく時間かかりました。ハプニングもあったり、赤ちゃんのお世話しながらだったこともありますが10時間くらい経ってます。

来年は今回の反省点を活かして、もっとスムーズに作りたいです。

子供が大きくなってきたら一緒に作るのも楽しそうだなあ。

まずは今回の味噌がうまく熟成しますように!

熟成したらまたブログに書いていこうと思います。

すごく楽しみです^_^

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました