寝かしつけにバランスボール。使ってみて感じたメリット・デメリット

育児

・寝かしつけの時間を短くしたい

・寝かしつけで長時間立って揺れるのがつらい

・寝かしつけが終わるころにはヘトヘトになってしまう

あきぽ
あきぽ

こんにちは!あきぽです。

寝かしつけって気力と体力との戦いですよね…

毎日の寝かしつけがしんどくて、産後すぐに上の様な悩みを持つようになりました。

なんとかならないかなと思って使ってみることにしたのがバランスボール

結果からいうと、最高でした。もう手放せないくらい毎日使ってます。

これは周りにもおすすめたいなと思ったので、ブログに書き残していきたいと思います。

寝かしつけで悩んでいる方の少しでも参考になれば嬉しいです。

バランスボールで寝かしつけをするメリット

寝かしつけの時間が短縮された

バランスボールを使って一番驚いたことは、赤ちゃんがすぐ寝てくれるようになったことでした。

息子が生後1か月の頃はあやし始めたら5分で寝てくれるように。

5か月になった現在は、息子も体力がついてきたのかもう少し時間がかかるようになってきました。

それでも15分ほどで寝てくれることが多く、立って寝かしつけするよりも圧倒的に時間が短くなりました

足腰への負担が減った

スクワット並みに動かないと赤ちゃんが寝ない。

うちの子はそんな赤ちゃんでした。

途中でちょっと座りたくなっても、赤ちゃんが起きてしまうので寝るまでほぼノンストップで動いていました。

しかしバランスボールを使ってからは座った状態で寝かしつけができるように!

足腰への負担が減り、身体的にもかなり楽になりました。

自分の時間が増えた

「赤ちゃんが寝たら○○をしよう」

こんなふうに思っていても、寝かしけが終わった時には時間も体力を使い切っていた…ということがよくありました。

バランスボールを使うようになってからは寝かしつけの時間が短縮され、体力を温存したまま寝かしつけができるようになりました。

少し空いた時間で仮眠をとったり、家事を終わらせたり、ゆっくりお茶を飲んだり、こうやってブログを書くなど、やりたいことをする時間が増えました

低予算からできる

「バランスボールで赤ちゃんを寝かしつけできるか不安…」という人も中にはいると思います。

今はダイソーなどの100円ショップでもバランスボールが売られています。

寝かしつけがうまくいくか不安な人は100円ショップのバランスボールで試してみるのも全然アリだと思います。

誰がやっても寝てくれる(ただし月齢による)

バランスボールを使って驚いたのは、私(母親)以外の人が使っても寝てくれることでした

バランスボールを使う前は抱っこで寝かしつけが苦手だった旦那や、赤ちゃんの寝かしつけをしたことがない義兄でも使うと寝かしつけが成功するように。

自分以外に寝かしつけできる人が増えて精神的にも本当に助かりました。

ただうちの子の場合、生後4か月ころから眠くなってきたら旦那の抱っこでは泣き止まなくなり、現在は寝かしつけはほとんど私が担当するように。

誰の抱っこでも寝かしつけが成功する時期は短かったですが、その期間が1番産後身体もボロボロで寝不足な時期でもありました。

大変な時期に自分以外でも赤ちゃんが寝てくれる手段があるのは精神的にもだいぶ助けられたので、使って良かったと思っています。

バランスボールで寝かしつけをするデメリット

あきぽ
あきぽ

実際に使ってみて気になったことや、注意点を紹介します。

場所をとる

私は直径65センチのバランスボールを使っています。

常に部屋に置いておくにはそこそこ場所をとってしまうのでそれがネックに感じる人もいると思います。

私も購入前は気にしていましたが、使い始めてからはバランスボールを頻繁に使っているので気にならなくなりました。

インテリアの邪魔になる

バランスボールはビニール製でカラフルなものが多く、色によっては部屋で浮いて目立ってしまうことも。

インテリアの邪魔になるから置きたくない!という人も多いと思います。(私がそうでした)

そんな人はこちらのバランスボールがオススメです。

私も使っていますが、ファブリックのカバーがインテリアに馴染んで、狭い部屋でも目立たずおしゃれに置いておけました。

靴下だと足元をすべらせることも

靴下を履いたままバランスボールを使うと、フローリングで足をすべらせることがありました。

後ろにひっくり返ることはありませんでしたが、前にカクンと落ちることが何度か。

滑らないようにフローリングの上では裸足で使っていますが、寒い季節は裸足はちょっとしんどいですね。

そこに滑り止めがついたスリッパなどを買おうか検討しています。

窓やふすまが振動で軋む

バランスボールを揺らしていると、窓やふすまがカタカタきしみます。(古い団地に住んでいるかもしれませんが)

日中はあまり気になりませんが、夜中寝静まった時間に使うと隣や上下の階の部屋に振動が響かないかすこし気になりました。

でも今は赤ちゃんの泣き声の方が部屋がきしむ音よりも気になるだろうと、バランスボールをガンガン使っています。笑

誰が使っても泣き止むかは月齢による

「バランスボールだと誰が使っても赤ちゃんが泣き止む」と思っていた私。

ただし実際に使ってみると「誰が使っても泣き止むかは月齢による」と感じました。

使い始めた生後1か月のころは、旦那や遊びに来た義兄がバランスボールを使って寝かしつけをしたら息子も寝ることがありました。

しかし生後4か月を過ぎたころから眠い時は「ママじゃないと嫌!」と言わんばかりに泣くように。夫がバランスボールを使っても泣き止まなくなってしまいました。

寝かしつけがほとんど私の担当になった分、疲れることも増えたので、よりバランスボールを使うようもになっています。

まとめ

息子が生後1か月の時から生後5か月の現在まで毎日欠かさず使っているバランスボール。

自分の時間が増えることにつながり、私にとってもう手放せないものになりました。

この記事を読んで、寝かしつけで悩んでいる方の参考に少しでもなれたら嬉しいです。

今後も使い続けて、また気づいた事があればその時はブログに書いていきたいと思います。

あきぽ
あきぽ

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました